のぼりのデザインは、自分で考えたほうがいいのですか?

「のぼり旗のデザインは自分で考えたほうがいい」など、そのような事例はどこにもありません。

むしろ“自己満足の伝わらないのぼり”が多く、そうであれば既製品のほうが効果的です。

■自己満足で終わっている多数ののぼり。

のぼりのデザインでオリジナリティを追求したといっても、すべてが成功しているわけではありません。

またコンクールに出品するような類いの作品とは異なるので、誰も評価してくれません。

オリジナルのぼりだけれども自己満足で終わっている事例がいくつもあります。

その意味ではデザインサンプルのある既製のぼりを上手に活用するというのも1つの手法です。

■のぼりの独自性よりもっと大事なもの。

オリジナルのぼりは単なる販売助成物にすぎないので、店の出し物やメニューが良くなかったり、イベントの企画性が悪かったりしたら客足の確保は望めません。

「オリジナリティ=差別化」と解釈していても、肝心の出し物がターゲットに適っていなければ意味がありません。

オリジナリティはのぼりに求めることではなく、第1には店やイベントの中身にあるということを再確認すべきです。

〇関連記事:福岡市長選リポート<博多区>加速する「旧市街」づくり インバウンド急増 対策も必要|【西日本新聞ニュース】

■のぼりのオリジナリティを追求する前に、事業本体の独自性は?のぼりの独自性など、実はどうでもいいことなのです。

オリジナルのぼりを作って独自性を自慢しても、閑古鳥が鳴くような有様ならのぼりの意味はありません。

重要なのは事業やイベント、メニューの独自性であって、のぼりはその表現の一部分でしかありません。

伝わらないのぼりで自己満足するよりは、既製のぼりのほうがマシかも知れません!?

のぼりのデザインは、自分で考えたほうがいいのですか? はコメントを受け付けていません。
8月
8