バイク通販

バイク通販に関するQ&Aやブログを結構読んでみましたが、ポジティブな意見はあまり見つけられませんでした。

表現は違っていても本筋は、

(1) バイクは絶対的にメンテナンスが必要な乗り物なので、購入後にメンテナンスを依頼できる距離に販売店がないと困る。

(2) メインテナンスの必要性を理解している良心的な販売店なら、売りっぱなしになるような通販はしない。

・・・という感じです。

(1)ですが、整備の腕に自信ありなら、そこそこクリアーできる問題と言えるかもしれません。

覚悟しておくことは、どうしても近隣のバイク屋に修理を依頼しなくてはいけない事態になった時、あまりいい顔はされないということです。

客を選ぶとはけしからんという問題ではなくて、バイクは個性のある乗り物で『過去』を知っているかいないかが重要だからです。

他店の『過去』の分からないバイクは、プロにとっても不安材料大なのです。

(2)は販売店の姿勢についてなので、短絡的に結論付けることはできないと思います。

商売ですから販路拡大に努めるのは当然でしょう。

■途上国における中古バイクの需要とは→http://www.rieti.go.jp/jp/publications/nts/15e135.html

保証期間がついていれば『売りっぱなし』は言い過ぎかもしれませんが、なぜか不具合は保証期間が切れた頃に起こるもの。

キャブレターの不具合、アクセルワイヤーの不具合などか次から次へと起こって、手に負えなくなったという経験談はネットに沢山あります。

バイク通販を利用する理由の9割以上が価格の安さだと想像できますが、価格はコンディションを如実に反映していると思って間違いないでしょう。