のぼり旗のデザインが苦手。既製品とオリジナルどう考えるべき?

のぼり旗のデザインはオリジナルにも既製品にもいろいろありますが、「こうしたい」という思いがまとまっていないなら、無理をしないこと。

のぼり店がデザインを代行してくれたりもします。

■デザインが不得意なら無理をしない。

のぼり旗のデザインを既製品ですませるか、それともオリジナルにすべきかという選択肢は、2つの見方から考える必要があります。

1つは自分自身がデザインが苦手であってできればプロに任せたい場合。

もう1つは費用や納期の面で安く早く仕上げたい場合です。

既製品はデザインサンプルがベースになるので、オリジナリティには欠けますが、納期が早く、訴求力のあるデザインで無駄がありません。

集客力は高いです。

■最大の課題は集客力への直結。

オリジナルのぼりの場合は、他との差別化はしやすいですが、それが集客や販売促進に直結するかといった点で不安が残ります。

のぼり制作を手がける人の経験や回数によって違ってくるので、初心者の人が最初から成功するとは限りません。

“オリジナルデザイン=集客力アップとはならない”のが現実です。

■オリジナルのぼり、既製のぼりのどちらにも一長一短があります。

規模が大きく発注枚数が多い場合は既製品でいきましょう。

個店で飲食店や物品販売を行なっている店がのぼりを作るのなら、「失敗したら作り直せば良い」と割り切れますが、そうではない場合は、既製のぼりですませたほうが無難です。

回数を重ね、のぼり制作のコツが分ってきたらオリジナルに挑戦するという道を選択しましょう。

□既製のぼりのおすすめサイト…のぼり旗の激安通販専門店|のぼり通販.com

Comments are closed.